術後のケア

包茎手術の術後の内出血にはどう対処すればいいの?

更新日:

包茎手術を受けると、手術後にはやはり様々なトラブルに見舞われることもあるでしょう。
実際にメスを使った手術の場合には、痛みにも悩まされるが多いかもしれませんが、トラブルの一つに手術後の内出血が挙げられます。
手術を終えて包帯をとった瞬間に陰茎に内出血が見られ、赤紫色のまだら模様が付いていてびっくりする人は多いものです。
多くの場合、痛みはないものの、陰茎に血がたまっていると危険なのではないかとびっくりしてしまいますよね。
包茎手術を受けた人であれば分かるかもしれませんが、この内出血についてはほとんどの人が感じるともいわれています。
内出血の理由は手術時の麻酔によるものです。
多くの人が麻酔の注射を打った後は、このような状態になるといわれています。
包茎手術の際の麻酔の注射を見たことがある人は、これまでに見たことのないような大きな注射器を使って、かなりの量の麻酔液を注入するのでびっくりするでしょう。
しかも1か所だけではなく複数個所に注入するので、アザになるのも納得できます。
麻酔の跡であれば1から2週間で消えるので、特に対処しなければならないということはありません。大きく腫れていなければ特に問題はないですが、あまりにもひどかったり、何週間たっても消えないようであれば、すぐに担当医に相談するようにしましょう。

-術後のケア
-, ,

Copyright© 包茎治療・手術はその場で終わる?知っておきたい術後のケア方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.